男性型の脱毛症、AGA治療はお医者さんでできます

日本人男性の三人に一人は薄毛で悩んでいるといわれますが、人には相談しにくいデリケートな問題です。

好きな髪型ができないといったところから、薄毛が気になってなんとなく自分に自信が持てないなど、クオリティーオブライフにも影響する問題です。


男性型の脱毛症の特徴は、額の両脇からいわゆるM字型に進行する、または頭頂部の毛が次第に密度が減ってO字型に進行することです。

こだわるなら2ちゃんねるに有効なサイトです。

こういった特徴のある薄毛をAGAといいます。
男性の薄毛では遺伝性のものが多いと言われてきましたが、そのほとんどが男性ホルモンの影響であるとわかってきました。

過剰に分泌された男性ホルモンのために、毛の生え変わるサイクルが狂ってしまい、本来ならもっと太く長く伸びるべき毛が減ってしまいます。
結果、細くて短い毛が増えて、全体的に毛が薄くなったように感じるのです。



AGA治療を施さないと、どんどん進行するのも、このタイプの薄毛の厄介なところです。



髪の毛を清潔にする、シャンプーの時にこすり過ぎない、栄養バランスのとれた食事を心がける、ストレスをできるだけ軽減するといった、生活習慣の改善はもちろん多少の効果はありますが、あくまで対処療法に過ぎず、決定的なAGA治療にはなりません。現在、一番効果的とされるのが、医療機関でのAGA治療です。


ホルモンバランスが根本的な原因なので、それを整えるために投薬、つまり飲み薬が処方されます。
最低でも月単位で続けることが必要で、現時点では保険適用されず全額自己負担となります。