AGA治療によくある初期脱毛

AGAの治療を始めて間もなく抜け毛が増えたとやめてしまう方がおられますが、実はこれは初期脱毛といって症状改善には避けて通れない道なのです。


そもそもAGAの原因は抜け毛ホルモンとも呼ばれるDHTです。



このホルモンがヘアサイクルを乱すことで抜け毛が増えてしまうのです。

Girls Channel情報のことならお任せください。

毛が生えてから成長して抜ける、このサイクルをヘアサイクルと呼びます。



ヘアサイクルは毛母細胞が活発に分裂し髪が強く太く成長するのが成長期、成長が止まった時期を退行期、抜け落ちた後の休止期の3つに分かれますが、DHTはこの中の成長期を短くしてしまうのです。
通常であれば5年ほどかけて成長しきってから抜ける毛が、数か月という未熟な状態で抜け落ちるようになったのがAGAなのです。
そこでこのヘアサイクルを乱すDHTを抑えることでヘアサイクルを正常化し、頭皮環境を整えるという治療法がとられるのです。

このように成長期が極端に短くなったヘアサイクルを元に戻すのにあたって、その過程でヘアサイクルが乱れた毛が抜け落ちます。
治療開始後、以前よりも抜け毛が増えるので逆効果と勘違いされる方がいますが、これはヘアサイクルを正常化する上でどうしても通らないといけない道なのです。

ここで薬が合わないのだと自己判断してやめる方が多いのですが、これは乱れたヘアサイクルが元に戻ろうとしている現れ、つまり初期脱毛なので、やめてしまっては意味がないのです。

ただ、投薬によって湿疹やかゆみなどの症状が現れたなら、それは肌に合わない可能性もあるので、使用を中止して医師の指示を仰ぐことです。