男性だけではなく女性にも起こりうるAGAとは

AGAとは、男性に多い脱毛症状で、男性の場合は生え際や頭頂部などに局部的な薄毛が起こり、女性の場合は、男性のように局部的に脱毛せず全体的に薄毛になるという特徴があります。

一般的に、30代から50代の男性に多い傾向がありますが、最近では20代の患者も増えており、何らかのケアを行わないとゆっくりと毛髪の量が減り、抜け毛や薄毛が顕著になるなど、進行していきます。



AGAは毛髪が薄くなっても産毛は残るので、頭皮内に毛包が残っている限りはケアを始めることで毛髪が再生し、長く育つ可能性はあります。

週刊粧業に関する情報が閲覧できます。

毛髪には毛周期があり、成長したら抜け落ち、また毛根から新しい毛髪が生えるというサイクルを繰り返しています。

しかし、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって変化したジヒドロテストステロンという男性ホルモンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくと、毛周期のサイクルを阻害して毛髪が正常に再生しなくなり、抜けたまま生えてこなかったり、生えても毛髪の寿命が縮まってしまいます。

毛髪の寿命を正常化する治療をAGA治療といい、現在AGA治療に有効と言われている医薬品には、内服薬のフィナステリドと外用薬のミノキシジルがあり、どちらの治療薬も高い効果があると言われています。



ただ、効果を実感できるようになるまでには、時間がかかる上、医療機関での治療は自由診療になり、健康保険が適用できない場合は、全額自己負担となります。